日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 社説・解説 一覧 > 社説  事業仕分けの行方と課題

日本下水道新聞-社説・解説

社説  事業仕分けの行方と課題

2009年11月25日

財源・権限移譲は慎重に
  下水道事業は「国から地方自治体に財源を移したうえで『実施は各自治体の判断に任せる』―本紙・前号でも報じたが、………。
処理水質・管理の徹底が
  平成20年度に国交・環境・農水の三省連携により完了した汚水処理施設の水質は、下水道(5処理場)がBOD1・2~2・7PPM、合併浄化槽(164基)が1・0~58・0PPMと………。
国民本位の予算編成を
 地域主権への転換は、民主党新政権の政策方針でもあるが、拙速に逸ってすすむ方向を誤ってはならない。下水道事業のパラダイムの転換が………。

  社説全文   ←クリック


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)