日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 記事 一覧 > 日水コン タミフル水中分析体制整備

日本下水道新聞-記事

日水コン タミフル水中分析体制整備

2010年03月24日

日水コン(野村喜一社長)は、同社環境分析センターで、水中に含まれるタミフル水質分析が行える体制を整備した。今後、水中タミフル成分含有濃度の測定を手掛ける。
インフルエンザの特効薬といわれるタミフルは日本が最大使用国。使用量の80%はそのまま体外に排出されることになるが、自然界に流出したタミフルの耐性誘導の危険性が指摘されている。耐性ウィルス発生の可能性や具体的な濃度など詳細な情報は未確認で、現在研究がすすんでいる


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)