日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 記事 一覧 > SGC・大幸道路管理 浮遊式TVカメラ開発

日本下水道新聞-記事

SGC・大幸道路管理 浮遊式TVカメラ開発

2010年07月14日

エスジーシー下水道センター(日沼史人社長)と大幸道路管理(田中秀行社長)はこのほど、幹線管きょ用の浮遊式テレビカメラ調査システム(=ストリーム・カメラ)を共同開発した。従来手法に比べ2~5倍の日進量を実現した。幹線向け簡易調査システムとして市場展開したい考え。円盤状の自立型調査機が下水の流れを利用し、管きょ内を流れながら調査映像を記録する仕組み。下水流量が多く調査できなかった幹線管きょ(φ600~1500㍉)を安全かつ短期間に調査することができる。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)