日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 社説・解説 一覧 > 下水道理解の摩天楼

日本下水道新聞-社説・解説

下水道理解の摩天楼

2011年01月01日

 21世紀の第1節とも言うべき最初の10年が過ぎ、新しい10年が始まろうとしている。まさしく十年一昔、内外の変遷はめまぐるしく、市民生活も変化が顕著である。なかでも大きなものは民主党政権の誕生であり、そこから下水道も未曾有の影響を受けている。
 新政権のマニフェストに沿って、国の平成22年度予算編成では従来の個別補助金が廃止される一方、新たに「社会資本整備総合交付金」が創設され、従来の下水道国費はこの内数に移された。すでに大きな行財政手法の転換が引き起こされているのだが、引き続き23年度以降はさらに、地方主権の観点から「一括交付金」に衣替えしようとの議論がなされている…


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)