日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 特集企画 一覧 > 熊本地震から2年 被災地持続の今

日本下水道新聞-特集企画

熊本地震から2年 被災地持続の今

2018年04月18日

 熊本地震から2年。観測史上初めて、2回に及ぶ震度7の激震等により被災した熊本地方。未だ傷跡を残しながらも、被災地の復興と、その基盤施設となる下水道インフラの復旧が着実に進む。被災経験を後世の糧とし、地域の持続を願い、「創造的復興」を目指す熊本地方の被災自治体の将来への布石を伝える・・・(2~12面)


【目次】
☐聞く 熊本地震から2年 被災地持続の今 ・・・2、3面
 岩本英紀・前熊本市上下水道局計画整備部首席審議員(復興・防災担当)


☐ルポ 熊本市新上下水道管路システム ・・・4面


☐考察 マンホールトイレ最新動向 ・・・5面


☐寄稿 熊本県における下水道BCPの取組み ・・・6、7面
 菊池良次・熊本県土木部道路都市局下水環境課主幹


☐寄稿 災害復旧体制を強化 ・・・7面
 髙田裕樹・八代市建設部下水道建設課副主幹兼計画係長


☐ルポ 益城町管きょ復旧本格化 ・・・8、9面


☐ルポ 益城町浄化センター復旧支援 ・・・9面


☐ルポ 熊本市管きょ復旧が順調に進捗 ・・・10面


☐支援 水コン協の災害復旧支援の軌跡 ・・・11面


☐検証 熊本地震管路被災の特徴 ・・・12面
 国土技術政策総合研究所


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)