日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 記事 一覧 > 砥部町 四国初の処理共同化

日本下水道新聞-記事

砥部町 四国初の処理共同化

2018年07月11日

 愛媛県砥部町(佐川秀紀町長)と松山市(野志克仁市長)は6日、砥部町役場で、汚水処理に係る事務の委託に関する協定書を締結した。松山市内一部区域の汚水を、砥部町で受入れ処理をするもの。行政界を越えた汚水処理の広域化・共同化事例としては四国初。同委託の実現にあたっては、愛媛県が他県事例の紹介や事業化に向けての手続きを助言するなどリーダーシップを発揮。県・市・町が一体となって取り組んだ成果と言える。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)