日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 記事 一覧 > 高知大、高知県 災害多発県の知見を共有

日本下水道新聞-記事

高知大、高知県 災害多発県の知見を共有

2019年02月13日

 高知大学と高知県は1月29日、高知大学朝倉キャンパス(高知市)で「高知から発信する下水道の未来 第2回シンポジウム『災害に立ち向かう高知家の下水道』」を開催した。後援は高知市、宿毛市、いの町。浸水対策に焦点を当て、県内外の効果的な取組みや近年の豪雨被害状況などを共有。県内のほか、四国、関西、九州地方を中心に全国各地から120人以上が参加した。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)