日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本下水道新聞 > 社説・解説 一覧 > 伝え続けてはや半世紀

日本下水道新聞-社説・解説最新の社説・解説

伝え続けてはや半世紀

2019年04月24日

 アポロ11号が人類初の月面着陸に成功、東名高速道路が全区間開通、「あっと驚くタメゴロー」が流行語となった半世紀前、昭和44年4月7日に「日本下水道新聞」は創刊号を大判12頁で発行した。爾来、下水道事業の発展を支援する報道機関として、毎週一回のペースで真摯に取り組んで50周年を迎えた。一号、一号精魂込めて紙価を高める努力の継続であった。その足跡は遠い道のりであったが、紙面を捲れば即座に当時の編集者の息づかいが伝わってくるものだ。時代の先端を鋭敏に切り取り報道する新聞社においては、人を育てて人材とし、その新しい鋭気で前進し続けなければ報道機関としての役割を全うすることはできないのである。専門新聞としてオピニオン・リーダーであり続けるためには、報道機関としての矜持を胸に刻んで常に前進しなければならなかった・・・


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)