日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 水道公論 一覧 > 表紙の人 大森雅夫・(公社)日本下水道協会会長・岡山市長

水道公論

表紙の人 大森雅夫・(公社)日本下水道協会会長・岡山市長

2018年07月01日

多様化する課題に「連携」で対応 地域でそれぞれの最適解を


 今月下旬、日本下水道協会が主催する下水道展’18が北九州の地で開かれる。昨年7月に同協会会長に就任した大森雅夫岡山市長は、建設省在籍時に下水道部局で法体系の整備に従事した経験を持つ。下水道展に対しては「技術の祭典であり、最新技術を肌で感じ、知見を深めたい」と意気込みを述べる。本誌では会長就任から一年を経た所感をはじめ、山積する下水道の課題に対するお考えなど幅広い話題について聞いた・・・


大森 雅夫(おおもり・まさお)氏 プロフィール
 昭和52年、東京大学法学部卒業後、建設省に採用。昭和60年熊本県企画開発部企画課長、平成6年建設省大臣秘書官事務取扱、15年内閣府大臣官房会計課長兼内閣官房内閣参事官、20年内閣府政策統括官(防災担当)、24年国土交通省国土政策局長など要職を歴任、25年に退職。同年10月岡山市長に就任、現在2期目。
 座右の銘は「信なくば立たず」「天は自ら助くる者を助く」。司馬遼太郎「坂の上の雲」や「菜の花の沖」、高橋克彦のみちのく三部作など、歴史長編小説を好む。古代史にも興味があると話し「岡山には巨大な古墳がありますが、なぜその時代に多くの人が造営に携わったのか。どんな交流があったのか。それを考えるとロマンを感じますね」と笑う。夢とロマンを胸に、下水道界を力強く牽引していく構えだ。昭和29年2月、岡山市生まれの64歳。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)