日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 水道公論 一覧 > 表紙の人 秀島敏行・佐賀市長

水道公論

表紙の人 秀島敏行・佐賀市長

2019年05月01日

市民の「当たり前」を支えるために 地域の将来を見据え新たな発想を形に


 有明海から脊振山地までを縦断する広い佐賀平野を擁し、佐賀県の経済・行政の中心地である佐賀市。平成28年熊本地震の教訓を反映させた「経営戦略」を策定し、耐震化を進めつつ更新を平準化している一方、資源の有効利用を図るバイオマス産業都市構想も積極的に展開している。市民の当たり前の生活を守りつつ、次代への取り組みも進めるための方策とは――上下水道職員を務めた経験を持ち、水に造詣の深いリーダーでもある秀島市長にお話を聞いた・・・


秀島 敏行(ひでしま・としゆき)氏 プロフィール
 熊本大学法文学部(現法学部)卒業後、昭和41年に佐賀市役所に入庁。55年から下水道課に7年間在籍したほか、平成11年からは水道局長なども務め、17年に佐賀市長に初当選。現在四期目。軽スポーツとして地域の人たちとともに行うバドミントンやバレーボールなどを楽しむほか、健康づくりを市民に勧めるために始めた気功には四半世紀、毎日取り組んでいるという。座右の銘は信念をもってことを行えば形になる、という意味の「為せば成る為さねばならぬ何事も為さぬは人の情けなりけり」。愛読書は江戸時代の儒者、佐藤一斎が後半生の四十余年にわたってその生き方をまとめた「言志四録」。謙虚におごらずに生きていくことを自らの鑑にしている。その厳しくも温かいまなざしは市民や職員を守り、未来へと導く覚悟をも感じさせる。昭和17年7月生まれの76歳。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)