日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 水道公論 一覧 > 表紙の人 小林正幸・横浜市環境創造局長

水道公論

表紙の人 小林正幸・横浜市環境創造局長

2019年07月01日

美しく、安全・安心な都市を創造 多様な主体との連携で新たなステージへ


 横浜市環境創造局は、下水道だけではなく、横浜市の環境に関わる事業のほぼ全てを担っており、浸水対策や公衆衛生の確保、地震などの防災・減災の取り組み、水環境の保全や地球温暖化対策といった下水道に関わる環境施策に、横断的に局全体で取り組んでいる。横浜市環境創造局の小林正幸局長に目指すべき方向性を伺ったところ、「美しい都市」と「安全・安心な都市」というキーワードが出された。そのキーワードに向けてどのような施策を進めていくのか――。また、8月6~9日に下水道展’19横浜が横浜市・パシフィコ横浜で開催される。見どころや下水道展への意気込みも伺った・・・


小林 正幸(こばやし・まさゆき)氏 プロフィール
 昭和57年に横浜市に入庁。平成20年泉土木事務所長、23年環境創造局政策調整部長、27年磯子区長、平成31年4月より現職。趣味はまち歩きで、ヨーロッパの各都市、横浜の関内地区など「歴史と文化が感じられる街並みを歩くのが最も好き」という。座右の銘は勝海舟の書にある言葉で「一笑百花香」。一つの笑いで百本の花を咲かせるように、「難しい議論の中にもホッと笑えるタイミングがあるような議論にしたい」と朗らかな笑顔で語る。早稲田大学理工学部土木工学科を卒業、昭和34年生まれの59歳。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)