日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 水道公論 一覧 > 表紙の人 山本三四年・高知市上下水道事業管理者

水道公論

表紙の人 山本三四年・高知市上下水道事業管理者

2019年12月01日

持続可能な上下水道の確立へ変わりゆく時代に挑戦 水供給の最終責任を担う


 昨年10月に高知市上下水道事業管理者に就任した山本氏は、1977(昭和52)年の高知市入庁以来、約40年間にわたり水道一筋でキャリアを重ねた技術者だ。高知市は南海トラフ巨大地震やそれに伴う津波により甚大に被害が発生するとされている。山本管理者の指揮の下、高知市上下水道局はどのように地震や津波に備えているのか。また、10月に施行された改正水道法に対してどのように捉え、改正水道法に関連したどのような取組みを行っているのか。忌憚のない考えも含めて同局の取組みと今後の展開を聞いた・・・


山本 三四年(やまもと・みよとし)氏 プロフィール
 1977(昭和52)年高知工業高校土木科卒業、同年高知市に入庁、水道局工務課に配属。同局給水課給水サービス係長、同課課長補佐、浄水課長、次長、上下水道局長などを経て、2018(平成30)年10月より現職。趣味はスポーツ。毎週日曜日の半分は仲間とのテニスに費やし、散歩やサイクリング、ゴルフにも出かける。職場の卓球部と野球部にも参加している。「人とのつながりを大切にしたい」として、若い職員と飲みニケーションを図りながら本音の話を聞き、意思疎通を図ることも。好きな言葉は管理職に就任する際に先輩から贈ってもらった「無理をしない」「一人で背負い込まない」「何とかなるということを信じる」。常にこれらの言葉を頭に浮かべながら、高知市の上下水道を次世代に引き継ぐべく、同市上下水道局における変わりゆく時代への挑戦をけん引している。1959(昭和34)年生まれの60歳。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)