日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 水道公論 一覧 > 表紙の人 植松龍二・国土交通省水管理・国土保全局下水道部長

水道公論

表紙の人 植松龍二・国土交通省水管理・国土保全局下水道部長

2020年02月01日

多様なプレイヤーの活躍を支援へ 強靭化、ICT、アセットに注力


 人口減少社会が到来する一方、老朽施設や災害リスクの増大、環境・エネルギー問題への対応が求められる中、国土交通省下水道部は、下水道事業に関わる多様なプレイヤーの活躍を支援するべく、さまざまな施策を展開している。昨年7月に下水道部長に就任された植松氏に、現下の下水道事業に対する印象をはじめ、豪雨災害の対応、気候変動を踏まえた対策や下水道経営のあり方の検証、広域化・共同化、水インフラ輸出、官民連携、技術開発、さらには昨年12月に設置された下水道政策研究委員会制度小委員会の位置づけや狙いなどをお聞きした・・・


植松 龍二(うえまつ・りゅうじ)氏 プロフィール
 平成元年3月早稲田大学大学院理工学研究科修了後、同年4月建設省入省。14年4月国土交通省都市・地域整備局下水道部流域管理官付補佐、15年4月滋賀県琵琶湖環境部下水道計画課長、16年10月日本下水道事業団事業統括部計画課長、18年7月国交省下水道部下水道事業課企画専門官、20年4月同課町村下水道対策官、24年4月日本下水道協会技術研究部長、25年4月国交省水管理・国土保全局下水道部下水道企画課下水道事業調整官、28年4月土木研究所先端材料資源研究センター材料資源研究グループ上席研究員、29年4月国交省四国地方整備局河川部長、30年7月国交省下水道部下水道事業課長などを経て、令和元年7月より現職。学生時代は野球やハンドボールに熱中。今はもっぱら健康維持のため週末にプールに通う。座右の銘は、「人事を尽くして天命を待つ」。「結果は周辺環境など自分ではどうにもならないことで左右されてしまうこともある。そこに至るまでどれだけ努力を積み重ねてこれるかを重視したい」と話す。昭和40年1月生まれ、東京都練馬区出身。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)