日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 社説・解説 一覧 > 社説 最少水量社会の発信

日本水道新聞-社説・解説最新の社説・解説

社説 最少水量社会の発信

2010年10月14日

 金木犀の香りが漂う爽やかな秋がやって来た。「暑さ寒さも彼岸まで」の例え通り、目がくらむほどの猛暑の日々はくっきりと退場した。消防庁によれば今夏の3カ月間、熱中症による緊急搬送者は昨年の3・6倍、搬送時の死亡者は9・9倍に上った。身近な水道の蛇口から小まめに水分を補給することの大切さを改めて指摘しておきたい…


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)