日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク

日本水道新聞-コラム 記者手帳

禍根残さないために

2012年11月08日

 「本当の意味での住民サービスとは持続可能な経営を図ること」とは、簡水協の水道大学基礎講座で講演した石井晴夫東洋大学教授。料金値下げは将来に禍根を残すとして、まして20年先、30年先の水道を維持するためには資産維持費の導入が必要と強調した。水道と電気事業以外にない逓増型二部料金制に対しても、経済合理性に反すると指摘、どれだけのコストがかかるのか認識してもらう必要があると訴えた。職員減などコストカットの風潮にも、「普通、カット分は(減った)職員に配分してモチベーションを維持する。これが経済合理性」と疑問を呈した…


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)