日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 社説・解説 一覧 > 教訓を持続社会の創造へ

日本水道新聞-社説・解説最新の社説・解説

教訓を持続社会の創造へ

2017年03月09日

 2011年3月11日14時46分18秒、宮城県牡鹿半島の東南東沖130㌔㍍、仙台市の東方沖70㌔㍍の三陸沖海底を震源とする超巨大地震が発生した。想定外と言われた東北地方太平洋沖地震である。地震規模はM9.0、発生時点で観測史上最大の地震となった。震源域は岩手県沖から茨城県沖まで広範囲に及び、南北約500㌔㍍、東西約200㌔㍍のおよそ10万平方㌔㍍のかつていない規模だ。宮城県栗原市で震度7、宮城・福島・茨城・栃木の4県37市町村で震度6強を観測…


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)