日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 特集企画 一覧 > 特別鼎談 経営の時代を先駆ける松江水道を例に

日本水道新聞-特集企画

特別鼎談 経営の時代を先駆ける松江水道を例に

2017年03月16日

地方水道の持続的発展を考える


 水道法改正法案が今国会に上程され、事業基盤の強化に向けた取組みの加速が期待される。その中で、松江市は早くから事業基盤の強化につながる経営改革に着手し、その取組みが地方水道の先駆事例として注目を集めてきた。水道事業の持続、特に焦点となる中小規模水道における基盤強化策を実行に移すために、何が課題でどう取り組めばいいのか。松江市の事例を軸に、松江市上下水道局の渡部厚志上下水道事業管理者、松江市上下水道事業経営戦略プラン推進委員会委員長の水谷文俊神戸大学理事・副学長、厚生科学審議会生活環境水道部会水道事業の維持・向上に関する専門委員会委員長を務めた滝沢智東京大学大学院教授に議論していただいた。水道事業からマネジメント論、人づくりの要諦、地域文化の重要性にまで話が及んだ…(6~7面)


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)