日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 特集企画 一覧 > 山陽小野田市 豪雨災害乗り越え強靭化

日本水道新聞-特集企画

山陽小野田市 豪雨災害乗り越え強靭化

2017年06月05日

 山陽小野田市の鴨庄浄水場新管理棟と新配水池(西見配水池)がこのほど竣工した。両施設は、平成22年7月の豪雨で市内を流れる厚狭川が増水し、これにより断水した経験を踏まえて整備したもの。地震や浸水等の災害時の防災拠点とすべく、耐震性が高く浸水にも強い施設となっており、給水車向けの応急給水設備も備えている。維持管理性の向上も考慮していることも特徴だ。同市の岩佐謙三水道事業管理者水道局長に、豪雨時の災害対応や両施設の特徴、今後の取組み等を伺った…(2~3面)


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)