日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 社説・解説 一覧 > 地域の成長を視野に

日本水道新聞-社説・解説最新の社説・解説

地域の成長を視野に

2017年10月16日

 日本水道協会の全国会議(第91回総会・水道研究発表会)が10月25日から3日間、香川県高松市を舞台に開かれる。高松市が位置する讃岐地方は、いわゆる瀬戸内式気候に属し、年間降雨量が少ない。河川は短く急峻であるため、先人たちは農作物を生産する貴重な水源をため池に依存しなければならなかった。日本最大の灌漑用ため池である満濃池をはじめ1万4000余にも及ぶため池を営々と築きあげて、水の確保に腐心してきた。以来、市域の拡大に伴い昭和48年には「高松砂漠」と呼ばれる大渇水を経験している・・・


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)