日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 第一環境ら4社 LPWAの自動検針稼働

日本水道新聞-記事

第一環境ら4社 LPWAの自動検針稼働

2017年11月20日

 第一環境(宮﨑勝己社長)は姫路市水道局の協力の下、LPWAの一つであるSigfoxを活用した自動検針システム(10月26日付一部既報)を14日の検針分から稼働させ、料金請求データとしての利用を開始した。自動検針の取組みは同社とアズビル金門、KDDI、京セラコミュニケーションシステムとのコンソーシアムで進めていたもので、水道スマートメーターの本格利用は日本初。導入したのは島しょ部の点在世帯で、全国的にも山間部を含めた同様の難検針箇所での適用が考えられる。同社ではパートナー各社との協力体制で高度な技術・ノウハウを活用しながら、事業体にさまざまな取組みを提案し、その課題解決に寄与していく。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)