日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 水質基準逐次改正検 農薬類の測定 適正化へ

日本水道新聞-記事

水質基準逐次改正検 農薬類の測定 適正化へ

2017年11月06日

 厚生労働省は10月31日、水質基準逐次改正検討会の今年度初会合を開き、農薬類の分類区分の考え方について見直しに着手した。現時点では農薬類に検査義務(水質基準項目)はなく、水質管理目標設定項目に当たる「対象農薬リスト掲載農薬類」120項目の扱いは各事業体に委ねられているため、測定状況に大きなばらつきがある。これを踏まえて適切なリスク管理に向けた検討を行うこととし、今回は課題と方向性を提示した。そのほか、定期的な見直しによる一部農薬類の分類変更案なども示した。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)