日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > メタグループ 持続への貢献 積極展開

日本水道新聞-記事

メタグループ 持続への貢献 積極展開

2017年11月30日

 メタウォーターグループは1日、公民連携の進展に伴う受託業務の包括化や、事業の広域化を視野に「設備運転員訓練センター」を設置した。また、メタウォーターを代表企業とするグループは今治市からDBM方式による「(仮称)高橋浄水場整備等事業」を受託し、四国地方最大級のセラミック膜ろ過設備の設計・建設、維持管理まで担う。同社ではグループの基盤構築を図りつつ、PFI案件で水道持続に貢献する。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)