日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 水道関係政府予算案 交付金 過去最大に

日本水道新聞-記事

水道関係政府予算案 交付金 過去最大に

2017年12月25日

 厚生労働省は22日、水道関係の平成30年度予算案と29年度補正予算案を明らかにした。30年度予算案の水道施設整備費(災害復旧費を除く)は前年度比20億円増の375億円で、4年連続の増加。うち199億円が交付金となる非公共事業関係予算で、当初予算における割合が初めて公共(補助金など)を上回った。補正予算案でも非公共が248億円と大きく伸び、当初・補正の合計447億円は過去最大規模。交付金は耐震化や広域連携・官民連携の取組みが対象になる見込みで、これらの加速が期待される。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)