日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 東京都・大阪市 東西の2大事業体 災害時救援で覚書

日本水道新聞-記事

東京都・大阪市 東西の2大事業体 災害時救援で覚書

2018年01月22日

 東京都水道局(中嶋正宏局長)と大阪市水道局(河谷幸生局長)は19日、大阪市水道局災害対策室で「災害時の救援活動に関する覚書」を締結した。円滑な救援活動のための情報共有や合同防災訓練などに取り組んでいく。東京都水道局が西日本の水道事業体と、また大阪市水道局が東日本の水道事業体と災害時救援に関する覚書を交わすのは初。両者は全国都市間の覚書や日本水道協会による相互応援体制を踏まえた災害対策を整備してきたが、さらに東西の2大都市間で覚書を結び、首都圏・関西圏のいずれかで甚大な広域災害が発生した場合にもより迅速な復旧を図る。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)