日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 特集企画 一覧 > 岩手紫波地区水道事業協議会 広域連携の先達として

日本水道新聞-特集企画

岩手紫波地区水道事業協議会 広域連携の先達として

2018年02月05日

 水道事業の課題解決に向けた取組みとして〝広域連携〟が各地で進められる中、全国の先駆けとして活動しているのが「岩手紫波地区水道事業協議会」。同協議会は、昭和58年から紫波郡および岩手郡近隣事業体で設置され、平成13年からは各事業体の課題とその解決策および先進的な事務・技術の知見を共有する場として本格的に機能している。厚生労働、総務両省が広域連携の枠組み形成を全国的に推進する中で、、協議会の役割と機能が改めて注目を集めている。そこで1月22日に130回目の研究会を迎えて行われた専任アドバイザー・佐藤裕弥氏の講演からこれまでの活動を振り返るとともに、他の講演要旨を紹介する・・・(2~3面)


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)