日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 会津若松市 東北最大セラ膜施設完成

日本水道新聞-記事

会津若松市 東北最大セラ膜施設完成

2018年04月26日

 会津若松市水道部は22日、東北最大規模のセラミック膜ろ過浄水場へと更新した滝沢浄水場の完成を記念し、同浄水場で「水道の祭典~次世代への『膜』明け~」を開き、市民ら約1000人が来場した。記念式典で滝沢浄水場の愛称発表や通水セレモニーを行ったほか、記念植樹やタイムカプセル埋設、記念イベントも展開し、これからの100年に向けた新施設完成を祝しつつ、市民参加型で公民民連携による事業推進をPRした。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)