日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 横浜市 持続へ適正料金確保

日本水道新聞-記事

横浜市 持続へ適正料金確保

2018年05月10日

 横浜市水道局は7日、同局庁舎で「第1回横浜市水道料金等在り方審議会」を開催した。審議会は4月に設置、今後さらに厳しさを増す財政状況を踏まえ、適正な料金負担の確保と、持続可能な事業運営を図るため、横浜市にふさわしい水道料金等のあり方について審議していく。全8回の会合を設け、31年9月の答申を想定。第1回会合では9人の委員から、会長に滝沢智東京大学大学院教授、副会長に石井晴夫東洋大学教授を選出。山隈隆弘局長が滝沢会長に諮問した。同市水道事業の概要等が説明され、次回審議に向けた質疑や意見交換が行われた。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)