日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 東レがUF膜受注 下水直接飲用化に貢献

日本水道新聞-記事

東レがUF膜受注 下水直接飲用化に貢献

2018年05月10日

 東レ(日覚昭廣社長)は、アメリカ・サンディエゴ市が整備する同国最大規模の下水飲料水化施設向けにUF膜「トレフィル」を納入する。直接飲用再利用(DPR)用途としては同社初の実績。処理水量は約15万㎥/日で、設備稼働予定は2021年。同社はUF膜をはじめ、RO、NF、MF膜の全膜種を取りそろえるグローバル企業として、水問題解決に最適な膜処理ソリューション提供を図っていく。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)