日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 胆振東部地震 震源周辺で断水長期化

日本水道新聞-記事

胆振東部地震 震源周辺で断水長期化

2018年09月10日

 6日の胆振東部地震の影響で、北海道では10日時点で6市町8400戸が断水している。全道的な停電などにより、これまでに最大45事業体6万5900戸で断水が発生。電力復旧や管路修繕に伴い39市町では給水を再開したが、震源に近い厚真町や安平町では施設が大きな被害を受け、ほぼ全域で断水が続く。日本水道協会北海道地方支部が応急給水や漏水調査等の支援を両町で展開中。現在は他地方支部からの応援には至っていないが、今後の余震や降雨も懸念され、予断を許さない状況だ。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)