日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 特集企画 一覧 > 尼崎水道が通水100周年 21日に記念式典を開催

日本水道新聞-特集企画

尼崎水道が通水100周年 21日に記念式典を開催

2018年10月18日

 尼崎市の水道が10月1日で通水100周年を迎えた。21日には記念式典が盛大に開催される。尼崎は古くから繁栄していたが、江戸時代に尼崎藩の城下町となると一層発展が進んだ。明治の開港以降、伝染病が尼崎でも発生し、近代水道の必要性が高まっていた。当時、尼崎は町であり、当時の国庫補助は町村が対象外であったことから、市制施行を待って水道事業を開始した。しかし、第一世界大戦による輸入鋳鉄管の高騰を受けて水道事業を断念する都市が続出する中、尼崎では使用済み鋳鉄管や木管も用いてほぼ予定通りの通水を迎えた。大正時代には原水悪化を受け、当時としては異例である県外の淀川に水源を求める「尼崎百年の大計」に踏みきった。その後の戦災・震災も乗り越えて、輝かしい100周年を迎えた尼崎水道を紹介する・・・(2~4面)


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)