日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 神戸市水道局 微生物でカビ臭抑制

日本水道新聞-記事

神戸市水道局 微生物でカビ臭抑制

2018年11月19日

 神戸市水道局は8日、カビ臭発生源の植物プランクトン「アナベナ」の増殖について水草(ササバモ)を用いた抑制効果を検証する世界初の実証実験に成功したと発表した。水草の表面に生息している有用微生物がアナベナを分解し、増殖を抑制することが実験で定量的に明らかにされた。同局では、今後も検証を継続し、微生物を活用した環境にやさしいカビ臭抑制方法の実用化に努め、国内外の環境問題への貢献を目指す。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)