日本水道新聞社 “水の世紀”-「水」と「人類」との共生を追求し続けます
会社概要 ご意見・情報 サイトマップ
トップページ 日本水道新聞 日本下水道新聞 水道公論 図書 広報・PR製品 資料編 リンク
トップページ > 日本水道新聞 > 記事 一覧 > 豊橋市・第一環境・中部電力・中部ガス 共同自動検針 10月実用化

日本水道新聞-記事

豊橋市・第一環境・中部電力・中部ガス 共同自動検針 10月実用化

2019年06月27日

 豊橋市と第一環境、中部電力、中部ガスの4者は10月から、同市内で建設中の複合開発地で水道・ガス・電気の共同自動検針を実施する。実用化は国内初となる見込み。対象は宅地エリアの住宅約400戸で、通信には中部電力のスマートメーターネットワークを活用する。厚生労働省の交付金事業(IoT活用推進モデル事業)に採択されており、市上下水道局は利用者に対する使用量の「見える化」サービス提供なども検討していく。24日には市役所で記者会見が開かれ、4者が基本合意書への署名を行った。


今月の水道公論
社説・解説
写真ニュース
人(ひと)